FC2ブログ
はなちゃん、ありがとう
昨日の日記に画像UPしました。そして昨日の日記の続きです。

昨日花子は子宮摘出手術をしました。
夕方花子を迎えに行った時に説明を受けました。

花子の子宮、卵巣、膣の一部、そして、腎臓が子宮にくっ付いていて離すと出血が大量になるのでしかたなく腎臓も切除したこと。
手術時間は30分の予定だったのが、予想外に時間がかかり40分だったこと。
そして、たぶん、血栓がどこかに入ったためか、後ろ足がマヒして動かなくなったこと・・・花子は歩くと後ろ足を引きずっていました。持ち上げると後ろ足はダラーンと下がっていました。

血栓は脳や心臓に入ったら即死だそうです。今後もそういう恐れはあるとのこと。

人間のエコノミー症候群がハムスターにもあり、手術で同じ体勢をしていたので足の先が壊死する可能性もあること。

花子の切り取った子宮と卵巣です。赤いのが血が溜まっているところです。子宮にも血の塊もいくつもあります。本物見ますか?と言われましたが、さすがに止めておきました。

そして、暖かくしてあげて、甘いものあげてください、と注意事項受けて、花子を連れ帰りました。花子は病院では結構元気でした。

しばらくは狭いところで、と言われたので入れて行った小さなプラケでいいかなと思ったのですが、あまりに小さくかわいそうなので、今までのケージを仕切って狭くしました。トイレも段差がつらいのでお皿にトイレ砂入れて。

今考えると、家に帰ってからの花子は病院にいたときより動きが緩慢だったように思います。病院にいた時はまだ麻酔が覚めきっていないのだろうということでしたが、もういいかげん時間経ってるし~、とちょっと不安も。

動くのもつらそうで、好きな食べ物を持っていっても食べようとしません。
病院ではペットヒーターに乗せていましたが、ないのでホットカーペットを弱くつけておきました。でも、なんで私ケージを直にカーペットの上に置かなかったのかしら?ブランケット下に敷いたら熱伝わらないよね(>_<)

病院ではりんごをもらっていましたが、なかったのでメロンを少し切ってあげました。花子が一番反応を示した一瞬でした。でもメロンに顔を乗っけたまま、食べる気力までなかったようです。そのうち、元気が出れば食べるだろう、と私は寝てしまいました。絶対元気になるって楽観視していました。

実は、前日一睡もしていなかったので私も限界だったのです。ただ、今晩が山です、と言われていたことを失念していました。

翌朝(今朝)、体がだるく10時ごろやっと起き出しました。
ちょっと怖かったけど、花子のカバーを取りました。ゆうべと同じところからちょっと移動したあたりでうずくまって寝ている・ようでした。

他の子のカバーをはずし・・・ふとイヤな予感(?)で花子をじっくり見ると・・・・・・・


花子はハムスターランドに旅立った後でした。

手術したお腹です。いつもお腹なんて見せてくれなかったよね。
手術したお腹


死んでいるとは思えない自然な寝姿です。
毛並みもとってもきれい


薄目あけて、お耳もピンと立って、いまにも歩き出しそうです。
薄目あけて、今にも歩きそう


いまも、テーブルの上にいるのですが、マヒして引きずっていた後ろ足が、ちゃんと折れているんです。今にも歩きそうでしょ。
特にお転婆だったはなちゃん、ケージ登りが得意だったはなちゃん、高いところが大好きだったはなちゃん、ゆうべのはなちゃんを見ていたら、悲しくて切なくて、とても日記につづきを書くことができませんでした。

でも、まさかつづきがお別れの報告になるとは思ってもいませんでした。UPが遅くなってごめんなさい。

はなちゃん、最後まで美ハムさんだったね。かわいい姿をたくさんありがとう。かわいいラッキーを産んでくれてありがとう。

ハムスターランドでたくさんのお友達と動く足で走り回ってね。そして時には、千の風になってママのところに遊びにきてね。
スポンサーサイト



【2007/07/15 23:24 】 | ハムスター | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |